社員の声 過去掲載分

[工場技術]海外工場の現場で最も重要だったコミュニケーションのバランスを常に意識し、現場の改善に取り組んでいく。

2018年10月掲載

imai

1.入社後の業務内容
 私は2013年度に入社後、研修を経て開発技術部に配属となりました。業務としては金型設計で、設備変更に合わせて金型を設計変更するというものです。その際、設備仕様に合わせての変更だけでなく、現行金型の問題点改善も盛り込む事を必要とします。製図は学生の頃に学んでいましたが、機械設計とはまた異なった金型設計の奥深さを感じました。

2.インドネシア工場赴任
 開発技術部でのスタートを切って半年後、入社3年目のタイミングでインドネシアのバタム工場に技術担当として赴任しました。技術としては半年分の知識しか無い私はとまどいもありつつ、前任の方の下で指導を受けながら全力で業務に取り組みました。
 赴任当初は言葉の壁だけでなく、私自身の経験と知識が少ないこともあり、現地人スタッフとのコミュニケーションや改善業務等も思うようにならない部分が多く、苦しい状況でした。
 しかし前任の方を始め現地駐在の先輩方、日本の工場の方々にご指導頂き、彼らの抱えている問題に取り組んでいく中で徐々に信頼を得て、彼らが様々な事を教えてくれるようになりました。徐々に私からの要望にも応えてくれるようになり、言語の面でも、彼らの冗談も分かるようになり笑い合える場面が増えていくことで、円滑に業務を遂行できるようになりました。
→続きを読む

[試作]今までなかったものを形にする。日伸のプロフェッショナルチームで奮闘中です。

2018年4月掲載

murase

1.主な業務内容
 私は入社後、現場実習を経て現在の技術部試作課に所属しています。
試作課の仕事は簡単に言えば設計され加工された金型を組付け、製品を量産できる状態に仕上げる事です。組付けるだけなら簡単と思うかもしれませんが、私たちが作っている製品は0.01mm単位で寸法調整しなくてはいけない、とても細かい作業をしているのです。
私は試作課とは今までに無いものを形にしていく『日伸のプロフェッショナルチーム』と思い、仕事をしています。

2.過去の経験
 入社して8年目になりますが、私がこれまで国内・海外合わせて10品種以上の製品に世界最小リチウムイオン電池のケースをはじめ、関西モノづくり新撰に選ばれている4品種の内3品種。現在も新技術を使った製品製作に携わっています。
→続きを読む

[品質管理]技術部門で培った知識や経験を活かし、積極的に他部門とのコミュニケーションを図り、会社の品質向上に貢献していきたい。

2017年10月掲載

murase

1.主な業務内容

 私は入社後、製造技術部にて、製造現場で使用される金型や設備の改善活動を主に行っておりました。具体的には、量産された製品で発生する不良品の解析、不良原因の調査等を行い、金型や設備の改善を行うことで安定したものづくりを目指す仕事です。
 2014年7月からは品質保証部へ異動となりました。品質保証部では、お客様との窓口業務、各種計測機器を駆使した製品の評価を行ったり、計測機器の操作方法や外観検査の手順書作成等を行っています。また、時に発生するクレームに関しても即時対応を心掛けています。

2.品質保証

 品質保証部は、工場全体の中でも品質に関して最後の防波堤になる重要な部署となります。工場で作られた製品が良品であるかを的確に判断し、良品のみをお客様に届ける事が必要です。我々が不良のあるなしを見抜けなければ、お客様へ多大なご迷惑がかかってしまいます。
→続きを読む
 

 

[開発]中国 北京工場への赴任を経験し、さらにグローバルに開発・改善できる技術者になりたい。

2016年10月掲載
baba0

海外赴任をきっかけに

私は入社後、製造研修を終え、試作という工程を担当していました。試作とは設計・製作された金型を組付け製品を作り出す部門です。初めて自分が試作し立ち上げた金型は現在も北京工場で量産されています。
試作した金型を移管する為に北京出張を行ったのを機会に入社3年目より北京に赴任することになりました。

北京での業務は多岐に渡り、金型改善・製造改善・納品対応・お客様対応と従来の試作とは大きく異なる仕事が多くなっていきました。

新規試作という仕事から改善試作を主に行い、現行型の設計見直し・加工工程見直し、更に効率や金型調整を容易に出来る様に改善活動を行いました。
→続きを読む

[営業]他拠点への配属や海外出張での経験を生かし、積極的に切磋琢磨していきたい。

2016年4月掲載
Uematsu0

当社には、国内3拠点・海外6拠点の工場があります。

私は、2009年10月(入社半年後)に岐阜県にある大垣工場に移動となり営業に配属となりました。

大垣工場では家電メーカーの営業を主にしておりました。

客先対応に困った際には、自ら現場に入ることもあり、現場の苦労が少しでも感じることができ、いい経験となったと思っています。

2014年1月からは、本社に戻り、自動車メーカーの営業を担当しております。 現在では、当社で一番販売額の高い客先の担当をさせて頂いております。

各工場それぞれに、いい意味でも悪い意味でも特色があり、おもしろい会社だと感じております。

→続きを読む

[開発]技術継承と最新技術の取り入れをもって、これから何をすべきかを考えて行動しようと思います。

2015年10月掲載
yonekawa1

1.主な業務内容

入社してからは生産技術部として、製品や設備の解析をして不具合やバラつきの要因を探り、様々な視点から改善をして設備の信頼性高めるような事をしていました。宇都宮工場に転勤後は開発部門として、お客様と一緒に製品開発や金型開発を行っております。

2.渦流探傷機について

任された仕事の中で特に大きな業務として、渦流探傷機という検査設備の立上げ・改善がありました。渦流探傷とは、電磁気を利用して金属の表面欠陥を探す非破壊検査の一つで、航空機や原子炉熱交換器の点検等でも使用されており、ドイツではポピュラーな検査手法だと聞いています。しかしながら当時は詳しい人が社内におらず、原理や理屈を一から勉強して設備の立上げ・客先認証まで出来ました。会社で勉強の支援をしてくれた事で結果的に非破壊検査技術者・レベル2の資格まで取る事ができました。また、オシロスコープを用いて信号のデータを取り、欠陥信号の解析や検出力の信頼性評価等をしていたので、「データを集めて数値をまとめて評価する」事の大切さと面白さをこの時に感じました。
→続きを読む

[開発]プロジェクトリーダーとして社内連携を第一に、技術向上へ向けて躍進中です。

2015年3月掲載
matsushita1

1.主な業務内容

現在は開発技術部に所属し、製品を量産するための金型設計が主業務です。ただし、設計だけではなく、製品毎に結成されるプロジェクトのリーダーとして設計から量産までスムーズに進められるように他部門と連携して仕事をしております。

金型設計はプレス生産の中心部分ですが、他にも設備及び付帯設備の準備などの量産システム構築から、後工程である表面処理工程や検査・梱包まで、各部門の連携で安定生産出来る体制作りに繋げることまでが、私の業務と理解しています。
2.金型の設計について

現在の部署に配属されてから約3年経ち、設計して立ち上げることを経験していますが、精密小物加工はお客様が要望された形になるまでは0.001mm(1μm)の単位での調整となり、「製品の高さが0.005mm高いな、治さないと」という会話が普通になるくらい細かい調整が必要で、完成までの道のりはどの製品もなだらかではありません。反面、完成した時は、設計開始から数カ月間の労力が実を結んだと、達成感は非常に大きいです。

この仕事に携わる前は「1cmは小さい」という感覚でしたが、今では「0.1mmは大きい」に変わってしまうくらい精密な加工であるため、設計時には入念に確認する必要があります。その際に、上司や先輩等、他部署の方々に話を伺う機会が多いのですが、未熟者の愚問に快く答えてくれる方々ばかりで、得られる知識が非常に多くて成長しやすい環境だと思っています。
→続きを読む

[開発]海外赴任2拠点を通じて仕事のおもしろさを感じています。

2014年10月掲載
t-yoshida00

1、主な業務内容

私の仕事は、入社後、社内の製造に使用します金型の開発設計を行っておりました。海外赴任後は、いかに問題無くスムーズに製造ができるかの製造現場の金型や設備の改善活動を行っております。

2、シンガポールへの海外赴任

2011年12月(入社5年目)に先ず、シンガポールのローヤン工場へ赴任しました。

シンガポールでの業務内容は、日本で学んで参りましたプレス用金型開発設計を中心に活動を行い新規案件の金型移管等を中心に業務を行ってました。

ローヤン工場は、従業員数が少ないため色々な部署の業務も助けあいながら行うこともあります。

営業、製造、業務、経理、総務と日本では絶対に携われない業務も行い勉強になりました。さらに日本人は私一人で常に英語での会話となり戸惑いも有りましたが工場のメンバーにも助けられ色々な事への挑戦も出来ました。
現在、もうすぐ海外赴任3年目になりますが、英語の能力は日常会話が出来る程度です。
シンガポールは多民族国家ですので、工場内もシンガポール人、マレーシア人インドネシア人、フィリピン人、中国人と多くの国の方々と仕事ができます。文化や習慣の違いが多くあり、新しい発見や面白いことも多く体験できます。

3、インドネシア・バタム工場赴任

2013年7月から、インドネシアのバタム工場への赴任になりました。
→続きを読む